フリーランスなら絶対加入すべき!ノートパソコン、スマホに対応している保険。

フリーランス

みなさんはノートパソコンやスマートフォンに保険は掛けていますか?

フリーランスで働く方にとって、仕事道具として無くてはならないノートPCとスマホ。

明日突然動かなくなるとしたら、、、考えただけでも不安になりますよね。

 

先日、私は新品で買った30万円するレッツノート(2020年秋モデル)を2週間で壊してしまい7万円の修理代が掛かりました。
それまで5年間、ノートパソコンを1度も修理に出すことなく使用できていたことに甘えてしまい今回は保険に入らなかったところ、運悪くノートパソコンを落としてしまったのです。

自分も保険に入ってない、、と不安になった貴方。
大丈夫です。
買ってからまだ1年以内なら間に合います!

この記事では1年以内にノートパソコン・スマートフォンを買った方(これから買う方)を対象に有益情報を提供します。

ノートパソコン、スマホに対応した保険はとても少ない!

一般的な損害保険会社が扱っている保険の中では、ノートパソコン・スマートフォンに対応した保険というのはほとんどありません。
多くの人が入っている「火災保険(家財保険)」では補償対象外となっています。

なぜノートパソコンとスマホは火災保険で補償しないのか。

ノートパソコン、スマートフォンは基本的に持ち運ぶものとして考えられているため、破損や盗難リスクが他の物よりも高く、保険会社としてはあまり保険の対象にしたくないのです。つまり、保険会社が損をしてしまう可能性が高いということになります。

同じ考えのもので言うと、クレジットカードやコンタクトレンズ、眼鏡も補償対象外となります。

以下は屋外での家財保険特約の例ですが、対象にならないものは以下をご参照ください。

保険の対象とならないもの
● 船舶、航空機、自動車、バイク、原動機付自転車、自転車、サーフボード、無人機・ラジコン
● 動物および植物等の生物
● パソコンおよびタブレット端末、ウェアラブル端末等の携帯式電子事務機器ならびにその付属品、携帯電話・スマートフォン等の携帯式通信機器およびこれらの付属品
● 通貨、小切手、有価証券、印紙、切手、預貯金証書、クレジットカード、電子マネー、乗車券等(注)
● 眼鏡、コンタクトレンズ・補聴器・義歯・義肢等の身体補助器具
● 証書(運転免許証、パスポートを含みます。)、稿本、設計書、図案、プログラム、データ  等
● 漁具(釣竿、竿掛け等)
(注) 通貨、小切手、印紙、切手、預貯金証書および乗車券等に、盗難による損害が発生した場合は、保険の対象として取り扱います。
三井住友海上 家財保険の特約より引用

火災保険(家財保険)で補償されるもの

まず、一般的に多くの人が住んでいる賃貸マンションや、一軒家に「火災保険」に加入しているかと思います。
通常、「火災保険」の中には家財に対する保険も含まれていることが多いです。

家財とは、机や家具、テレビ、デスクトップパソコンなどが対象となります。
自宅のデスクトップパソコンで仕事をされている方は安心ですね。

対象となるものは参考までに以下の損保ジャパンの保険をご覧ください。

【公式】損保ジャパン
損保ジャパンの公式ウェブサイト。自動車保険、火災保険、地震保険、海外旅行保険など、様々な商品をお届けするとともに、お客さまの安心・安全・健康をサポートします。

 

ちなみに、同じ携帯品でも「カメラ」は火災保険が使えるため、安心して高額な一眼レフカメラを買って使うことが出来ますね!
くれぐれも、新しいカメラが欲しいからって、わざと壊すなんてことは無いようにしましょう(笑)

購入時に保険に入ることがベスト

購入後に入れる保険が少ないことは上記でお伝えした通りです。

購入する際にメーカー保証や量販店の保証に入るのが一番安くて確実です。

例えばパナソニックのレッツノートであれば、
4年間、故障、破損、盗難など幅広いリスクに対応した、特別保証プランというものが存在します。

4年保証についてのご利用規約 | パナソニック公式通販サイト - Panasonic Store
「カスタマイズレッツノート」の4年保証のご利用規約についてのご案内。Panasonic Store(パナソニック ストア)はパナソニックの公式通販・ショッピングサイトです。当店ならOS・CPU・メモリーやカラー天板等が選べるノートパソコン「カスタマイズ レッツノート」をご購入いただけます。パナソニック ストア会員様は、...

 

各家電量販店での保証に入るメリット・デメリットはこちらが詳しく書いていますので、参考にしてください。

家電販売員が大手家電量販店の延長保証を徹底比較 2020 オススメはどこだ!
こんにちはタカタカです。以前MacBookAirが音が出なくなって修理見積もり出したら6万円超えでした。修理って高いですよね。 高額な商品なら尚更厳しくのしかかる修理代、家電商品の延長保証はやっぱり大事だと思います。大手 ...

ただし、上記の保証でも基本的には破損には対応してもらえません。

あくまでメーカーの通常保証の延長と考えるべきです。

 

また、スマートフォンにおいては、ご自身の使っているキャリアごとに保険がありますので不安な方は問い合わせてみると良いでしょう。

スマートフォンの保険は加入すべき?加入タイミングや条件、選ぶべき保険について解説|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM
日々の生活に欠かすことのできないスマートフォンが突然の故障や紛失で使用できなくなると、とても困りますよね。そんな時のためのスマートフォンの保険について解説します。高額な修理代金を避けたい方は必読です。

 

ちなみに楽天モバイルは1年間無料な上に、保険も充実しています。
個人的にはお勧めですよ。

スマホ交換保証プラス | オプションサービス | 楽天モバイル
楽天モバイルの「スマホ交換保証プラス」サービス紹介。スマートフォン(スマホ)やモバイルルーターの故障・紛失時に、最短で当日に新品同等の同一機種を交換品としてお届けするので安心です

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

それでも、SIMフリーのスマートフォンを使っていたり、中古のiphoneを買っていて、保険に入れない!という方もいると思います。

ノートパソコン、スマホの購入後に保険に入るには?

なぜだか保険って、後から不安になって入ることが多いですよね。
そこで後からでも入れる保険をご紹介します。

画期的な保険「モバイル保険」




ノートパソコン、スマホをあらゆるリスクから守ってくれる、唯一の保険です。
故障や盗難、水濡れ、破損などに対し、気軽に保険を使って修理や交換をすることが出来ます。

1つの契約でメイン機1つ、サブ機2つで合計3つの端末まで登録することが出来ます。

例えば・・・
【メイン】レッツノートのPC 購入価格30万円
【サブ1】iphone(スマホ) 購入価格10万円
【サブ2】ipad mini(タブレット) 購入価格5万円

このように、自分が普段仕事で使う大切な機械たちを一挙に守ることが出来ます。

この3端末に対して、月々700円で1年間で10万円分まで保証してくれます。

さらに機種変更後も補償を継続してくれますので、加入しておくだけで楽々♪


モバイル保険のメリット・デメリット

メリット

・なんといってもノートパソコン、スマホにどんなことにも対応している唯一の保険!

・購入後1年以内ならいつでも入ることが出来る

・月々700円で、年間10万円分も補償してくれます。

デメリット

・購入後1年経っていると使えない

・どの保険も同じだが、故障や盗難が無ければ支払ったお金が無駄になる

まとめ

ノートパソコンで一番安くて確実な保険(保証)を付ける方法、メーカーで直接購入することです!
スマートフォンも保証の充実したキャリアを選びましょう。

ただし、ノートパソコンやスマートフォンを購入してしまった後で保険に入るには、
モバイル保険 が有効ですよ!

月々700円で、3端末、年間10万円分を補償してくれます。

タイトルとURLをコピーしました