レンタルサロンオーナーになって不労所得で稼ぐ

レンタルサロン

副業解禁や兼業者の増加により、フリーランスの施術師が増え、需要が高まっています。

レンタルサロンのオーナーになれば、今の年収に+100万円以上稼ぐことができます。

競合はほとんど居ません。

参入するならまさに今です!

レンタルサロンとは?

「レンタルサロン」または「シェアサロン」などと呼ばれ、時間単位や1日単位、月単位で借りる、マッサージなどの施術スペースのことを言います。

借りる方は、マッサージ師、エステティシャン、ネイリスト、マツエク、整体師など多岐に渡ります。

(フリーランスの美容師が借りる美容院の空いているスペースのこともレンタルサロンと言いますが、本記事ではこれは対象外としています)

なぜ今、レンタルサロンオーナーになって不労所得が得られるのか。

それは、日本の経済状況が目まぐるしく変わっていて、

組織に属して働くことから「個人で働く」時代に変わってきたことが背景にあります。

レンタルサロンはそのような個人を支えて、家賃収入である不労所得を得る新しいビジネスなのです。

タイトルとURLをコピーしました